神戸牛観光倶楽部

神戸ビーフ・神戸牛観光倶楽部は、神戸牛のブランド価値の維持と神戸の活性化に寄与して参ります。

ページロゴスペシャルコンテンツ

神戸牛の歴史

神戸牛に懸けた日本人たち

但馬牛の血統を守った役人の英断

使役でも純粋種に軍配!

食肉文化の広がりの一端を図らずも促したのが、機械化農業の発展です。農業機械の普及に伴って、それまで役牛として飼われていた但馬の黒牛は徐々にその役目を追われ、一方で食肉のための牛肉生産はますます活気を帯びていきます。役牛としては既に行われていた血統の改良も、肉の量や肉質の良さを主軸にしたものへと移行していくようになります。

しかし、現在の神戸牛・但馬牛ブランドの確立を導いた最大のカギとなったのは、意外にも、肉牛としてではなく、役牛としての質の高さを維持するためのある英断でした。

もともと小柄だった但馬牛は、当時、外国種に比べて使役能力が劣ると考えられていました。そのため明治初期ごろから海外種や他の系統の牛との交配が積極的に行われるようになり、実際、生まれた仔牛は純血の但馬牛に比べて身体が大きく、生育のスピードも速かったようです。中でもブラウンスイス種と掛け合わせは高値で売買されたため、但馬牛の飼育農家たちは争うようにこの種との掛け合わせに没頭していきました。にもかかわらず、この優良種を生み出すための掛け合わせが、ある日一転、「否」と判断されます。

明治42年に開催された第一回和牛共進会(品評会)。純血の但馬牛と外国種との交雑種がともに出品されることとなり、そこにいたほとんどの人たちは「当然主席は交雑種になる」と信じていました。けれど、国から派遣された審査員が第1位に選んだのは、何と純粋な但馬牛の方。交雑種はサイズこそ大きいものの、骨太なため肉質が十分に上がらず、使役牛としての能力においては但馬牛に軍配が上がると判断されたのです。

そこから交配熱は一気に冷める一方、但馬牛の血統は大切に守り継がれるようになっていきました。それが今日の但馬牛、そして神戸牛の、極めて優れた資質の礎となっているのです。

OTHER EPISODE

大阪城の築城に但馬牛が大活躍!

続日本書紀にも「但馬牛は、耕運、ばん用(車ひき)、食用に適する」と記され、古くから優秀牛としてその名を刻んできたのが但馬牛です。戦国時代の1583年、豊臣秀吉が大阪城を築城する際には全国から牛が徴発されましたが、小柄でありながら、もともとおとなしく働き者であった但馬牛はそこでも優れた役能力を発揮。秀吉から「1日士分」の特権を与えられ、「登り牛」として天下にその名を知らしめたそうです。

その血統の良さは、その後、全国和牛の改良用素牛として活用。現在、松阪牛をはじめ、近江牛や宮崎牛、前沢牛、飛騨牛、佐賀牛、鹿児島牛など、日本で肥育される和牛の85%以上が但馬牛の系統を受け継いでいます。その源泉となる血統が但馬牛なのですから、その質の高さは明らかです。全国の黒毛和牛の歴史を変えた名牛、それが但馬牛なのです。